毛髪を植え付ける治療

ドクター

梅田では、多くの人が植毛のために美容系クリニックに通っています。人工の毛髪による植毛では、手早く多く植え付けることができます。自分自身の毛髪を植え付ける場合は、本数に制限があるものの、抜けても新しく生えてくるというメリットがあります。いずれの場合も、薄毛が解消され、ヘアセットの選択の幅が広がります。

More Detail

内用薬での治療

ドラッグ

AGA「男性型脱毛症」は、プロペシアという内用薬による治療法が、最もポピュラーです。個人差はありますが半年程度、服用を続ける事で発毛効果が現れます。神戸のクリニックで、プロペシアを処方してもらった際の平均費用は、約6000円から7500円程度です。

More Detail

髪の毛の薄さを防ぐ

薬

大阪で薄毛で悩んでいる男性は、AGAクリニックで早めに治療を受けましょう。ザガーロは、プロペシアより高い発毛効果が期待出来る薬です。クリニック選びはネットを使って行うと良く、少しでも安く手に入れるなら個人輸入代行サイトを利用する方法もあります。

More Detail

頭皮に塗るローション

髪の毛とヘアケア用品

抜け毛を減らす効果がある

抜け毛を減らすために必要なのが育毛剤です。抜け毛が増えるのは、頭皮トラブルが原因か、あるいはホルモンの変化などの内的な問題が原因です。育毛剤は頭皮トラブルを予防・改善する働きがある頭皮用のローションです。頭皮に塗りこむと血行がよくなり、細胞分裂が活性化します。同時にかぶれ、フケ、痒み、炎症などの予防もできます。抜け毛に悩む女性は、女性のための育毛剤を使うのがお勧めです。男性用の育毛剤は男性ホルモンにアプローチする有効成分を配合しています。女性用の育毛剤は女性ホルモンに対して効果があります。更年期に減少した女性ホルモンの活動を促進して、ホルモンの変化が原因で起こるびまん性脱毛症を予防する働きをします。

効果的な使い方

頭皮に塗るタイプの育毛剤は、塗り方にコツがあります。ただ塗っても有効成分がしっかり浸透しない場合があります。頭皮の角質を柔らかくしておけば、有効成分が浸透して育毛剤の育毛効果が高まります。入浴・シャンプーのあとは角質が柔らかくなり、血行も良くなっているので育毛剤を使うのにいい絶好のタイミングです。髪が短い男性は、軽くタオルドライをしてから塗布すると効果的です。ロングヘアの女性は、ドライヤーで軽く乾かしてから塗布し、その後再度ドライヤーでしっかり乾かします。育毛剤を塗ってすぐにドライヤーをあてると、せっかく塗ったばかりの有効成分が蒸発してしまいます。ドライヤーは育毛剤を塗ってしばらく置いてから使用するのがポイントです。